【へらぶな釣り】大型狙いの城沼チャレンジ

【へらぶな釣り】大型狙いの城沼チャレンジ

こんにちは、maronです。

待ちに待った春がきました。

春と言えば、のっこみの季節。技術よりも運が重要になる釣りなので、釣るためには神に祈るしかありません。

いつものように、エサとかハリスとかウキとか言ってる場合じゃないですからね。

というわけで、毎年恒例になりつつある、春の城沼チャレンジへ行ってきました。

釣行情報

場所 城沼(群馬県館林市)旧アピタ前
日時 2018年3月31日(土)5:00~10:00
竿 8尺→12尺
エサ いもグルテン、新べらグルテン
釣果 0枚

コメント

混雑するだろうと思い、4:30に到着。

案の定、良い場所は埋まりつつありましたが、無事に釣り座を確保できました。

ちなみに、今回竿を出したアピタ前というのは、アピタの社員用駐車場の前のことです。

人気のポイントなので、気合いを入れて早起きしないとすぐに埋まってしまいます。もし行く人はご注意を。

人気の理由は、釣りやすさにあるかなと個人的には思っています。城沼は全体的に蓮や葦が凄いことになっていて、とても釣りにくい釣り場です。しかし、このアピタ前だけは、(良い悪いは別として)草刈り済み&既設へら台があるのです。

魚影の濃さという意味では、他にも同様のポイントはいくつかありますから、根掛かり大好きな変態さんは尾曳橋方面もおすすめです。

と、話が逸れました。本題に戻ります。

まあ、

1枚も釣れなかったので、何も書くことが無いのですが。

準備中に全くハタキがなく、やる前から嫌な予感はしていました。集金のおばちゃんに状況を聞いたところ、昨日まではバシャバシャだったとのこと。

釣りあるあるの、昨日は良かったのになー、パターンです。

今年は暖かい日が続きましたから、例年よりものっこみの時期が早まったのでしょう。通年、城沼はハタキが3回ありまして、昨日までのハタキが2回目です。3回目はマブナが混ざるようになるので、わたしは1回目か2回目を狙い撃ちするようにしています。

つまり、2回目を逃してしまったので、今年の城沼チャレンジはおしまいってことです。悔しいので来年は有給をとって望みたいですね。

霞ヶ浦方面に遠征すれば、シーズン中に型を見れるかもしれませんが、嫌なことは続きそうなので今年はやめておきます。

来年こそは尺半を見たいですねー。

おしまい。